ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > トラブル情報 > 国勢調査を装った不審な電話に注意!

ここから本文です。

更新日:2020年9月16日

国勢調査を装った不審な電話に注意!

独立行政法人国民生活センターからの注意喚起です。

相談内容

【事例1】

「国勢調査」と言って電話があり、銀行のことについて「いくつ口座があるか」「預金は1千万円以上あるか」と聞かれた。「口座は2つあり、預金は1千万円以下だ」と答えた後、不審に思い電話を切った。

【事例2】

国勢調査だと言って個人情報を聞かれたことがある。答えなかったが、答えたほうがよかったのだろうか。

消費生活センターからのアドバイス

国勢調査では、調査員が電話で直接、個人情報や預金額等を聞くことはありません。

公的機関等をかたり、家族構成や資産状況等を聞き出そうとするいわゆる「アポ電」の可能性もあります。このような電話は、すぐに切ってください。

着信番号通知や留守電の録音機能を活用し、誰からの電話か分かったうえで電話に出るなどし、トラブルを防ぎましょう。

国勢調査に関する不審な電話があったときは、佐世保市の国勢調査担当課(企画部政策経営課)や、消費生活センターにご相談ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部消費生活センター

電話番号 0956-22-2591

ファックス番号 0956-22-2592

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?