ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康寿命を延ばそう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

健康寿命を延ばそう!

イベント情報「第3回佐世保けんこうマンス」開催!(11月1日~30日)

元気に健康で楽しく毎日を送るためには、「食」「運動」「測定(健診)」が重要です。

毎年11月の1カ月間を「佐世保けんこうマンス」と位置付けて、「食」「運動」「測定」などの分野で地元の企業・団体の方にご協力いただき、健康メニューを提供していただくことで、健康づくりの「きっかけ」を提供しています。

詳しくはチラシをご覧ください(チラシ表(PDF:1,771KB)チラシ裏(PDF:2,895KB))。

健康寿命とは

健康寿命とは、日常生活に制限のない期間がどの程度あるかを示す指標で、平均寿命と健康寿命の差は、日常生活に支障がある「不健康な期間」を意味します。

長崎県の健康寿命は、男女とも全国平均を下回っています。不健康な期間が長いと、個人の活躍の場や機会が限定されたり、医療費や介護費が高額になったりします。

地域全体で考えると、企業等の生産性の低下や地域の担い手不足にも繋がることから、佐世保市が持続的に発展していくためにも、市民一人ひとりの健康寿命を延ばしていくことが重要です。

長崎県民の健康寿命のグラフ。平成28年時点で男性71.83年、女性74.71年。平均寿命との差は男性8.55年、女性12.26年

長崎県民の状況

長崎県民の生活習慣などを表す数値は、全国と比較しても決して良好ではなく、血圧の高さの平均値は、全国でも高い水準です。

また、血圧を抑えるために重要とされる歩行数や野菜の摂取量についても課題があります。

さらに、特定健診の受診率も全国と比較して低い状況です。

疾病による入院患者数(全国ワースト)出典:平成26年患者調査
心疾患

2位

高血圧性循環器系疾患

1位

 

血圧の高さ(ワースト)出典:第3回NDBオープンデータ
収縮期血圧

1位

 

血圧を抑える取組(全国ワースト)出典:平成28年全国国民健康・栄養調査、厚生労働省公表資料)

歩行数

男性13位、女性33位

健診受診率

6位(特定検診)

 

長崎県の主な死因別死亡数の割合(平成28年)

【厚生労働省:平成28年人口動態統計】

長崎県の主な死因別死亡数の割合のグラフ。悪性新生物・心疾患・脳血管疾患の生活習慣病が約50%を占めています

 

健康寿命延伸プロジェクトとは

健康は、市民の皆さん一人ひとりが健康づくりに対する意識を高く持ち、主体的に健康づくりに取り組むことが必要ですが、個人の力だけで実現することは難しいものです。

また、健康づくりへの関心が低い、いわゆる「健康無関心層」に対しては、行政からの働きかけだけではアプローチが困難な状況です。

そこで、佐世保市では、市内の様々な企業や団体の方々と一緒に、「佐世保市健康寿命延伸推進協議会」を平成29年3月に立ち上げ、この協議会を中心に市民の皆さんの健康づくりを応援する健康寿命延伸プロジェクトを推進しています。

【主なターゲットは働き盛り世代】

生活習慣病は、今や健康長寿の最大の阻害要因となるだけではなく、医療費にも大きな影響を与えていますが、生活習慣の改善で予防が可能であり、早期の取り組みが重要ですので、主なターゲットを30代から50代の働き盛り世代にしています。

【健康寿命延伸プロジェクトイメージ】

この協議会のイメージ図。官民協同で市民等の健康づくりを応援しており、健康ポイント事業や健康づくりの機会提供などを行っています

 

ロゴマーク。卵型の背景の上に健康サセボーンと表記【佐世保市健康寿命延伸推進協議会のロゴマーク】

 

「健康」+「佐世保」+「born(生まれる)」

 

「新たな健康づくりを佐世保から」という思いで作ったオリジナルマーク

 

健康寿命延伸プロジェクトの具体的な取り組み

させぼ健康ポイント事業

この事業は、市民一人ひとりが気軽に楽しく健康づくりに取り組む「きっかけ」づくりや、健康づくりを継続していく人を支援するための環境を提供する事業です。

この事業で開発した健康サポートアプリ「健康サセボーン」を用いて、歩いたり、特定健診を受けたり、健康イベントに参加したりすることで、「健康ポイント」を獲得できます。更に、高ポイント獲得者や、一定のポイント以上を貯めて抽選で当選した方々へ景品が当たります。

友達や家族を誘ってみんなで楽しく健康づくりに取り組みませんか。

  • 対象:市内にお住まいの方またはお勤めの方
  • ポイントを集計する期間:令和元年10月1日(火曜日)~12月31日(火曜日)
  • 抽選結果発表・景品のお渡し時期:令和2年2月予定
  • 景品獲得対象者:高ポイント獲得者、5,000ポイント以上貯めた方のうち抽選で当選された方

抽選は、自動参加なので応募の必要はありません。

詳しくは、「健康サセボーン」サイトをご覧ください。(「健康サセボーン」サイトQRコード)

健康サセボーンサイトのQRコード

健康ポイント事業のイメージ図。1参加する、2歩く、3ポイントを貯める、4賞品抽選エントリー、5賞品ゲット

 

健康づくりの機会提供

元気に健康で楽しく毎日を送るためには、「食」「運動」「測定(健診)」が重要です。

健康寿命延伸プロジェクトでは、毎年11月の1カ月間を「佐世保けんこうマンス」と位置付けて、「食」「運動」「測定」などの分野で地元の企業・団体の方にご協力いただき、健康メニューを提供していただくことで、健康づくりの「きっかけ」を提供しています。

食事であれば野菜タップリのヘルシーメニューやヘルシー弁当の販売、運動であればジムで無料体験会、測定であれば薬局で無料血管年齢測定など、その他色々なメニューが提供され、毎年キックオフイベントを実施しています。詳細が決まり次第、佐世保市健康寿命延伸推進協議会のホームページへ掲載されますので、ぜひご参加ください。

 

健康経営の推進

少子高齢化が加速する中、生産年齢人口の減少、従業員の高齢化、人手不足が日本の構造的課題であり、従業員等の健康維持・増進が企業等の課題となっています。

「健康経営」とは、従業員の健康を会社の財産ととらえ、会社の成長のために、従業員の健康づくりに会社が積極的・戦略的に取り組むことです。

佐世保市役所では、「3Up4Down運動(3回上の階や4回下の階へ移動するときは、エレベーターではなく階段利用促進)」やお昼休みのラジオ体操の実施、健康サポートアプリ「健康サセボーン」の利活用の推進などを行っています。

長崎県と協会けんぽ(全国健康保険協会長崎支部)では、健康経営宣言事業を推進しています。

佐世保市健康寿命延伸推進協議会では、会員さんを対象に、健康サポートアプリ「健康サセボーン」を活用して、年度に1回チーム(職場)対抗戦を実施して、地元で働かれている方々の健康維持・増進に取り組んでいます。


お知らせ

  • 令和元年10月1日から、「させぼ健康ポイント事業」が始まります!

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?