ここから本文です。

更新日:2024年6月14日

旧佐世保海兵団跡

Select your favorite language.

日本遺産説明板(英語)日本遺産説明板(韓国語)日本遺産説明板(中国語簡体字)日本遺産説明板(中国語繁体字)

 

 

旧佐世保海兵団跡の写真

 

海兵団とは、主に下士官や水兵の徴募と教育訓練、軍港警備、乗組員の補充を行う組織として、各鎮守府に設置された。佐世保海兵団も鎮守府と同時に開庁し、終戦までの56年間、九州・四国・沖縄から選ばれた百数十万の若者を鍛え、育てた。現在の佐世保公園とニミッツパークのほとんどは営庭であり各種訓練が行われていた。彼らは海軍の根幹を支える戦力として活躍する一方で、スポーツ界でも活躍した。特に水泳は有名で日本人初の五輪連覇を果たした鶴田義行(鹿児島市出身1903~86)や遊佐正憲(香川県多度津町出身1915~75)も佐世保海兵団で水泳に親しんだ。

指定等の状況

未指定

 

交通

佐世保市総合医療センター入口バス停下車

徒歩8分

所在地

佐世保市平瀬町

見学

常時公開

 

日本遺産とは日本遺産構成文化財一覧へ日本遺産モデルルート

 

お問い合わせ

経済部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?