ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業(略称:総合事業)について

ここから本文です。

更新日:2022年6月16日

介護予防・日常生活支援総合事業(略称:総合事業)について

総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業(略称:総合事業)は、介護保険法第115条の45第1項に規定されており、市町村が中心となり地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスとにより、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的・効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。

新型コロナウイルス感染症の影響による総合事業サービス費の請求に関して

今般の新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、介護事業所等の基準等の臨時的取扱いについて、随時、厚生労働省より通知が出されています。佐世保市の総合事業サービスについては、他の介護保険サービスと同様の基準で対応することを基本としております。事業所都合による休業、サービス休止等に係る日割り請求の対応基準について、下記のように佐世保市としての見解を示します。

新型コロナウイルス感染症に伴う事業休止に係る総合事業サービスの利用料金請求について(PDF:514KB)

参考:令和2年3月6日厚生労働省老健局発布介護保険最新情報Vol.779より

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第4報)(PDF:278KB)

お知らせ(事業者向け)

総合事業単位数表マスタ

介護報酬改定を踏まえ、総合事業の単価(A2,A6,AF)について設定しております。

令和4年4月サービス提供分より、一部単価の改定があります(令和3年4月介護報酬改定において、経過措置として令和4年3月31日まで算定可能だった介護職員処遇改善加算ⅣⅤが終了となります。※終了対象サービス:A2,A6)。

以下に新しい単位数表マスタを提示しますので、ご対応お願いします。

R4.4単位数表マスタ(R4.4.22更新)(CSV:47KB)

お知らせ(市民向け)

地域の皆様が主体となって組織された任意団体で取り組む介護予防事業のご案内

<総合事業をご利用の市民の皆様へ>

令和3年4月ご利用のサービスより、下記のサービス費用が変更になります。

  • 訪問型サービス費
  令和3年3月まで 令和3年4月以降

ケアプランにおいて週1回程度利用が必要と認められた方

(要支援1~2及び事業対象者)

11,720円 11,760円

ケアプランにおいて週2回程度利用が必要と認められた方

(要支援1~2及び事業対象者)

23,420円 23,490円

ケアプランにおいて週2回程度を超える利用が認められた方

(要支援2及び事業対象者で必要性が認められた方)

37,150円 37,270円

自己負担額はサービス費用の1割~3割となります。

  • 通所型サービス費
  令和3年3月まで 令和3年4月以降

ケアプランにおいて週1回利用が必要と認められた方

要支援1及び事業対象者)

16,550円 16,720円

ケアプランにおいて週2回利用が必要と認められた方

要支援2及び事業対象者)

33,930円 34,280円

自己負担額はサービス費用の1~3割となります。

要綱

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部長寿社会課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9670 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?