ホーム > 申請・手続き > 税金 > 法人市民税の書式

ここから本文です。

更新日:2023年2月6日

法人市民税の書式

法人市民税の関係様式は、下記よりダウンロードできます。

なお、佐世保市では、電子申告(エルタックス)による市税の申告や納税等の利用を推進しています。詳しくは『8.法人市民税の申告や納税は、eLTAX(エルタックス)をご利用ください』をご覧ください。

1.法人等の設立・設置申告書

市内に法人等を設立したときや事務所または事業所等を新規に設置したときに使用してください。

(注)1か月以内に設立・設置申告書を提出してください。添付書類については、「法人等の設立及び異動について」のページをご参照ください。

2.法人等の異動変更届

法人等または市内にある事務所や事業所等において、商号や所在地など登記事項や組織の内容に変更があったときに使用してください。

(注)添付書類については、「法人等の設立及び異動について」のページをご参照ください。

3.法人市民税確定(中間、修正)申告書(第20号様式)

法人市民税の仮決算に基づく中間申告、確定申告及びこれらに係る修正申告をするときに使用してください。

2以上の市町村に事務所や事業所等を有する法人等が、主たる事務所等所在地の市町村長に確定申告書を提出するときは、課税標準の分割に関する明細書(第22号の2様式)を添付して提出してください。

特定寄附金を支出して税額控除の適用を受けるときは、特定寄附金を支出した場合の税額控除の計算に関する明細書(第20号の5様式)を添付して提出してください。

4.法人市民税予定申告書(第20号の3様式)

前事業年度の法人税割額を基礎とした法人市民税の中間申告をするときに使用してください。

5.法人市民税納付書(第22号の4様式)

法人市民税を納付するときに使用してください。なお、ゆうちょ銀行及び郵便局では、この納付書はご使用できませんのでご注意ください。

6.法人市民税更正の請求書(第10号の4様式)

法人市民税の申告書を提出した後に、課税標準等または税額等が過大であったときや分割基準に誤りがあったときは、更正の請求書を提出することができます。

事実確認を行う調査等に時間を要することもあり、期間を過ぎると減額の更正を行うことができなくなる場合がありますので、早めにご相談ください。

【添付書類】法人税の更正・決定通知書の写し及びその他の場合は事実を証する書類の写し

(参考)法人市民税税率表

7.提出方法

必要事項を記入した申告書等1部を提出してください。

控が必要なときは、提出する申告書等と同じもの(写しでも可)もご準備ください。郵送の場合は、控と併せて切手を貼った返信用封筒も同封してください。

提出先

〒857-8585

佐世保市八幡町1番10号

佐世保市役所市民税課(法人市民税)

(注)支所及び行政センターでは受付いたしませんのでご了承ください。

 8.法人市民税の申告や納税には、eLTAX(エルタックス)をご利用ください

eLTAX(エルタックス)とは、市税に関する申告や申請・届出及び納税の手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムです。詳しくは、電子申告サービス地方税ポータルシステム(外部リンク)をご覧ください。

ご不明な点は、下記ヘルプデスクへお問い合わせください。

eLTAXヘルプデスク

電話番号:0570-08-1459

受付時間:9時から17時(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部市民税課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9672 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?