ホーム > 安全・安心 > 消防局 > 火災予防 > 火災予防 > 【飲食店関係者の皆さま】店内の火災予防点検をお願いします

ここから本文です。

更新日:2024年5月14日

【飲食店関係者の皆さま】店内の火災予防点検をお願いします

飲食店でひとたび火災が発生すると、お客様や従業員の命を危険にさらしてしまう恐れがあります。火を扱う機会の多い飲食店は火災発生リスクが特に高いため、関係者の皆さまは従業員への防火教育や日常的な注意喚起をお願いします。

飲食店火災

ダクト火災にもご注意を!

厨房設備のレンジフード、換気扇、排気ダクト内に溜まった油やほこりに調理火などが引火し、ダクト内部で火災が発生することがあります。

ダクト内は人目に触れにくく注意が行き届きにくいところとなります。また、いったん火が入ると延焼がはやく消火がむずかしいため、消火までに時間を要します。そのため、日頃のお手入れや定期的なメンテナンスをお願いします。

ダクト

飲食店における火災予防のポイント!

火災の多くは「人の不注意」により発生しています。下記の点を参考に火災予防に努めましょう。

  • 調理中はその場を離れない
  • 厨房設備は清潔にし周囲に可燃物を置かない
  • 消火設備(消火器)の設置場所とともに使用方法を確認しておく

厨房

従業員の防火教育にあたって

訓練用消火器やDVDの貸出し

消防局には訓練用の消火器や従業員の防火教育のためのDVDを無償で貸し出しています。利用を希望される事業所がございましたら、消防局予防課または各消防署へご相談ください。

教育動画について

今回の内容に関連する動画を表示していますので、ぜひご覧ください。

  • 消火器取扱要領

消火器の使用

  • 消防士が教える!もしものときの搬送法

搬送法

  • あなたは正しい119番通報ができますか?【救急編】

通報要領

お問い合わせ

消防局予防課

電話番号 0956-23-2539

ファックス番号 0956-23-2443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?