ホーム > くらし > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税全般 > 固定資産の所有者が亡くなった場合の手続きについて

ここから本文です。

更新日:2014年10月10日

固定資産の所有者が亡くなった場合の手続きについて

固定資産の所有者が亡くなった場合、固定資産税・都市計画税の納税義務は、相続人など固定資産を現に所有する方が承継することとなります。

 

【死亡された翌年度以降】

年内に所有権移転登記が終わっている場合

登記された新しい所有者が納税義務者となります。

年内に所有権移転登記が終わらない場合

相続人など、固定資産を現に所有する方が納税義務者となりますので、「固定資産(土地・家屋)を現に所有する者の申告書」で提出して頂きました相続人代表者の方に、納税通知書等を送付いたします。提出された申告書に記入されている送付先に納税通知書等を送付いたします。
なお、この手続きは、相続登記が完了するまでの間、一時的に納税義務者を決めていただくもので、登記の名義を変更するものではありません。なるべく早く法務局にて相続登記をされるようお勧めいたします。

未登記家屋についてはこちらを参考にされてください。→未登記家屋について

(注)固定資産の所有者で、市外にお住まいの方が亡くなられた場合、本市では死亡の事実を把握することができませんので、資産税課までご連絡ください。

 

お問い合わせ

財務部資産税課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9672

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?