ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 手帳の交付などについて > 身体障害者手帳の交付申請受付について

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

身体障害者手帳の交付申請受付について

中核市移行に伴い、平成28年4月1日の申請受付分から、本市で新規発行や再認定等が可能になりました。

1.対象

視覚・聴覚・平衡・音声・言語・そしゃく機能、肢体不自由又は内部(心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能・肝臓)などに一定程度の永続する障がいのある方

2.内容

障がいの程度に応じて1~6級までの等級があります。

3.申請手続き

申請に必要なものは次のとおりです。手続きはすべて、障がい福祉課で受け付けています。手続きは代理の方でも行うことができます。

身体障害者手帳を新規に申請するとき

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 身体障害者診断書・意見書等
  • 写真1枚。たて4cm×よこ3cmで、最近1年以内に撮影した未使用のもの。
  • 印鑑
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードまたは通知カード)
  • 本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)

代理申請の場合は、代理の方の身分を証明するものと、代理の方の印鑑をお持ちください。

新たに別の障がいが加わった、または現在の障がいの程度が重くなったとき

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 身体障害者診断書・意見書等
  • 写真1枚。たて4cm×よこ3cmで、最近1年以内に撮影した未使用のもの。
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードまたは通知カード)

代理申請の場合は、代理の方の身分を証明するものと、代理の方の印鑑をお持ちください。

再認定を要するとき

手帳の障害名に再認定期限が入っている方。障がい福祉課から再認定期限の3か月前に対象者へ通知します。

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 身体障害者診断書・意見書等
  • 写真1枚。たて4cm×よこ3cmで、最近1年以内に撮影した未使用のもの。
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードまたは通知カード)

代理申請の場合は、代理の方の身分を証明するものと、代理の方の印鑑をお持ちください。

4.注意事項

  • 診断書は、指定医師が作成したもの以外は申請に使用できません。診断書の作成を依頼する前に、障がい福祉課または直接、医療機関か医師に、指定を受けているかどうか確認するようにしてください。
  • 診断書の様式は、障害の種類ごとに異なっています。また、障害の種類ごとに指定医師が異なります。
  • 診断書の有効期限は3ヶ月です。期限内に申請をお願いします。
  • マイナンバーが確認できないことを理由に申請を拒否することはありません。
  • 申請手順等については、「身体障害者手帳について」(PDF:77KB)をご覧ください。

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-2281 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?