ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

ふぐ処理施設の届出について

ふぐを食用に供するための処理は、ふぐ処理者又はふぐ処理者の監督下でふぐの処理に従事する者が、ふぐの処理施設で行わなければなりません。佐世保市でふぐの処理施設を開設するには、生活衛生課への届出を行い、「ふぐの処理施設届出済証」の交付を受けなければなりません。

届出等の手続きについて

開設手続きの流れ

1.事前相談
  • 許可施設の変更を伴う場合は、必ず設計段階でご相談ください。
  • 施設の平面図をご持参のうえ、生活衛生課窓口にお越しください。
2.届出
  • 開始日の1週間前までに生活衛生課窓口に届出をしてください。
  • 必要書類は次の通りです。

 ・ふぐの処理施設開設届(ワード:30KB / PDF:81KB

 ・施設の平面図

 ・ふぐ処理者であることを証明するもの

  • 届出済証の郵送交付をご希望の方は切手をご持参ください。料金は1枚120円です。
3.現地調査
  • 届出後に日時の打合せを行います。
  • 届出者の立ち合いが必要です。
  • 必要な設備の設置が完了している必要があります。
  • 現地調査から届出済証交付までは約5日(閉庁日を除く)かかります。

4.届出済証

交付

  • 届出済証は窓口にて交付します。
  • 郵送交付をご希望の方は申請時に切手をご持参ください。
  • 届出済証は施設内の外来者が見やすい位置に掲示してください。

 注:ふぐ処理者であることを証明するものは、「長崎県食品衛生協会発行ふぐ処理講習会受講済証」もしくは「他県で取得したふぐ処理の免許証」のいずれかです。他県のふぐ処理講習会の受講済証は認められませんのでご注意ください。

その他の手続き

ふぐ処理者になるには

ふぐ処理者の資格を取るには、長崎県と長崎県食品衛生協会が開催するふぐ処理講習会を受講しなければなりません(他県の講習会は不可)。ただし、他県でふぐ処理の免許を取得している場合、講習会の受講が免除される場合があります。詳しくはお問い合わせください。

ふぐ処理者講習会

開催日程・場所等

次回開催は未定です。

受講資格

飲食店営業・魚介類販売業又は魚介類の加工を行う営業で、ふぐの処理に従事しているものであって、次のいずれかに該当する者。

  • 通算して2年以上ふぐの処理に従事している者。
  • 他の都道府県においてふぐの処理に関する講習を受けた者で、知事が適当と認めた者。

ふぐの処理施設の基準

  • 飲食店営業魚介類販売業魚介類加工業のいずれかの許可施設であること
  • 表面をステンレス等で処理した専用の処理台を設置すること
  • 不浸透性のまな板(合成まな板)を使用すること
  • 不浸透性素材で施錠ができるふぐ廃棄物専用容器を置くこと
  • 飲用に適する水を豊富に供給できること
  • 「ふぐ処理に当たっての遵守事項」を守るために必要な設備を設けること

ふぐ処理にあたっての遵守事項

共通事項

  • ふぐの選別は厳密に行うこと
  • 飲用適の水で十分洗浄すること
  • 除去した有毒部位はふぐ廃棄物専用容器に保管し、焼却等により確実に処分すること

凍結する場合

  • できるだけ内臓を除去した状態で急速凍結し、グレーズを十分かけること
  • -18℃以下で温度を一定に保ち保管すること
  • 解凍は流水等で速やかに行い、解凍後は直ちに処理すること
  • 再凍結は行わないこと

卵巣及び皮を塩蔵処理する場合

  • 未処理の卵巣及び皮が施設外へ搬出されることがないよう管理すること
  • 卵巣は2年以上、皮は6か月以上塩蔵すること
  • 塩蔵処理要領を作成すること
  • 出荷前にロットごとの毒性検査を行い、検査結果は2年間保管すること

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部生活衛生課

電話番号 0956-25-9716

ファックス番号 0956‐23‐8013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?