ホーム > 安全・安心 > 食品衛生・生活衛生 > 食品衛生監視・指導 > 営業許可・届出 > 許可を要しない食品営業の届出について

ここから本文です。

更新日:2016年8月16日

許可を要しない食品営業の届出について

届出が必要な業種

以下の業種を営む場合、保健所への届出が必要です。

業種 内容
魚介類加工品販売業

みりん干し、のしするめ、やきふぐ、鯨肉加工品、容器包装入り塩辛、容器包装入りうに等の販売

乳肉製品販売業

発酵乳、乳酸菌飲料、ハム、ソーセージ、ビーフジャーキー、ローストビーフ等の販売

アイスクリーム類販売業 アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス等の販売
豆腐または豆腐加工品販売業 豆腐、あぶらあげ、あつあげ、がんもどき等の販売
弁当又はそうざい類販売業 にぎりめし、赤飯、すし、サンドイッチその他の弁当類またはそうざい類で、そのまま食べられるものの販売
菓子類販売業 菓子類(パンを含む)の販売

冷凍食品販売業

冷凍食品の販売
漬物製造業 漬物の製造
水あめ製造業 水あめの製造
こんにゃく製造業

こんにゃくの製造

手続について

営業の届出

1.事前相談
  • 必要な設備は業種により異なります。できるだけ事前にご相談ください。
2.届出
  • 営業開始日の1週間前までに生活衛生課窓口に届出をお願いします。
  • 届出様式のダウンロード及び添付書類の確認はこちら。→営業の届出書
3.届出済証交付
  • 届出後約1週間で、届出済証(シール)を郵送交付します。
  • 届出済証は施設内の見やすい位置に掲示してください。

その他の手続

  • 代表者氏名、住所、営業所の名称、営業の種類、製造施設を変更するとき→変更届
  • 廃業するとき→廃業届

お問い合わせ

保健福祉部生活衛生課

電話番号 0956-25-9716

ファックス番号 0956‐23‐8013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?