ホーム > 市政情報 > 計画 > 施設再編保全

ここから本文です。

更新日:2020年6月25日

施設再編保全

公共施設の老朽化問題

知ってほしい佐世保市の公共施設の老朽化問題

 

公共施設をとりまく現状と問題

課題について

課題の解決に向けて

みんなの声

高度経済成長や人口増加など右肩上がりの情勢を背景として、本市では3,000棟を超える膨大な施設を保有するに至っています。これら施設の多くにおいて、建築後40年から50年が経過し、老朽化が進行していることから、今後一斉に更新時期を迎え、多額の経費が必要になります。

一方、人口減少や少子高齢化がより一層進行することにより、市税収入が減少するなかで、社会保障関連経費の増加が想定されます。

これらのことから、現存する全ての施設を更新し、引き続き維持管理を継続していくことは困難であるため、従来の「古くなったら建替え」ではなく、佐世保市の身の丈にあった維持可能な保有量への見直しと、必要な施設の長寿命化に取り組んでいます。

 

公共施設の老朽化問題に関する冊子を作成しました

漫画で分かりやすい!公共施設の老朽化問題冊子の画像

  • 特集古賀選手インタビュー「スポーツと公共施設」
  • 漫画で読む公共施設マネジメント
  • 佐世保市の公共施設の老朽化問題など

(プレゼントクイズの受付は終了しました)

設置場所

佐世保市役所(本庁・支所)、地区公民館、スポーツ施設、観光レジャー施設

ダウンロード

佐世保市の公共施設をとりまく現状と問題

佐世保市は約3,000棟(890施設)の公共施設を保有しています。市民1人あたりの延床面積は4.6平方メートルで、全国平均の3.3平方メートルを大きく上回っています。

公共施設の割合(延床面積)教育施設52%、文化交流施設9%、スポーツ施設7%、支所等2%、保健福祉施設2%、子育て支援施設1%

全国的な問題でもある「公共施設の老朽化問題」について、佐世保市の現状を説明しています。

 

 

課題について

◎財政状況が厳しくなっていき、建替えや改修が追い付かない!

◎安全に公共施設を利用できなくなる恐れがある

◎バリアフリーをはじめとした社会的(市民)ニーズにも対応する必要がある

【市民の声】

  • 使われていない部屋が目立ってきた
  • 高齢者の交流の場を作ってほしい!
  • みんなに優しいバリアフリーにしてほしい!
  • 民間企業と連携して、魅力的な施設を!

今ある施設をこれまで同様に建て替えながら維持し続けることはできない

老朽化の現状(建物劣化の例)

鉄筋の腐食により外壁が剥がれて落下し大けがする恐れも、サビや腐食による漏電火災の恐れも

課題の解決に向けて

財政状況の悪化等により、限られた予算は、本当に必要かどうか見極めたうえで、今後も維持を行っていく施設へ使用していきます。現在、佐世保市では、公共施設の老朽化問題への対策として、施設整備の選択と集中(再編・長寿命化)の取り組みを進めています。

再編を行って20年間で延床面積の15%以上を削減、改修を行って80年以上を目標に長寿命化

佐世保市施設白書の作成を皮切りとして、これまで取り組んできた経過について説明しています。

施設の再編及び長寿命化に関する今後の取り組みの概要をお知らせしています。なお、取り組みの時期は変更する可能性があります。

みんなの声

まずは知って、考えてみることから!

市民の皆さまのご意見を伺いながら進めていきます人物のイラスト

佐世保市の将来を少し不安に思われた方もいいらっしゃるかもしれませんが、今のうちから始めれば、将来の子どもたちに負担をかけることなく、安心して安全に利用できる公共施設を維持していくことができます。この取り組みは、市民の皆さんとの対話や情報共有を行いながら進めていきますので、まずは「市民の皆さま一人ひとり」が問題について考えてみることが大切です。

市民の皆さまと情報を共有しながら計画を作り、実行します。

知る

参加する

考える

老朽化問題の現状や取り組みの計画をホームページなどでチェックする

意見交換会やワークショップなどに参加してみる

自分が住んでいる地域にある公共施設について考えてみる

 

アンケート調査

公共施設の老朽化問題に関する市民アンケート(2019年2月実施)から、当問題に対するご意見を一部紹介します。

【アンケート設問】

アンケート結果、賛成40%、やむを得ない53%、反対4%、無回答3%現在、佐世保市では公共施設の老朽化問題等に対応する方法の1つとして、施設の集約化や複合化等による保有量の削減を進めています。このような取り組みに関して、あなたのお考えをお尋ねします。

【集計結果】

施設の集約化や複合化等による施設保有量の削減について、9割の人が賛成(賛成である+やむを得ない)という結果となりました。

20代女性

利用率が低い施設は無理に維持する必要はない。優先順位が高い施設からキレイにしていき経費削減のために複合施設にしてもいいと思う。

30代女性

公共施設とはいえ、使用する人は限定されているので、使用する人がしっかり使用料金等を支払うべきだと思います。他のことに税金を使ってほしいです。

公共施設の老朽化問題等に関する市民の意識・関心を把握するためのアンケート調査を実施しました。

 

 

関連計画など

施設の配置や利用状況、維持管理運営に要するコスト等を調査し、その実態を様々な視点から把握・分析したものです。

市有資産を取り巻く課題に対応しつつ、市有資産を有効に活用していくための基本的な考え方を整理したものです。

資産活用基本方針に掲げる「資産総量の縮減」に向けて、公共施設の配置を見直すにあたっての考え方や視点を整理したものです。

資産活用基本方針に掲げる「計画的な保全による施設の長寿命化」を実現するための方向性を示すものです。

個別施設のあり方を市民対話により検討していくため、あらかじめ適正配置や長寿命化の基本的なルールや進め方を定めるものです。

国からの要請によりインフラを含めた公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針を定めたものです。

公共施設適正配置・保全基本計画に基づき、適正配置や長寿命化の具体的な内容を定めるものです。

これまでに広報させぼへ掲載した施設の再編及び長寿命化に関する記事をダウンロードすることができます。

 
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部資産経営課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9648 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?