ここから本文です。

更新日:2023年5月23日

旧陸軍佐世保要塞馬川兵舎跡

Select your favorite language.

日本遺産説明板(英語)

 

旧陸軍佐世保要塞馬川兵舎跡

 

俵ヶ浦半島に築かれた3ヶ所の砲台には、平時にはそれぞれ少数の番兵が配置されているのみであった。しかし演習時や戦時には数百人の兵が配置されるため、各砲台への通行に便利な馬川に木造平屋建ての兵舎3棟と士官宿舎1棟が明治34年(1901)頃に建てられた。砲台群は昭和12年(1937)までにはその多くは廃止されたが一部は演習砲台として存続し、昭和9年(1934)には新型射撃装置の訓練施設である馬川演習砲台も建設されたため馬川兵舎は太平洋戦争終戦まで使用されていた。戦後に兵舎群は解体されたが、煉瓦造の基礎や門柱、井戸などが残っている。

 

指定等の状況

未指定

交通

俵ヶ浦バス停下車徒歩25分

所在地

佐世保市俵ヶ浦町1996

見学

外観のみ見学可

 

日本遺産とは日本遺産構成文化財一覧へ日本遺産モデルルート

 

お問い合わせ

経済部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?