ここから本文です。

更新日:2023年5月23日

旧陸軍佐世保要塞高後崎砲台跡

Select your favorite language.

日本遺産説明板(英語)

 

旧陸軍佐世保要塞高後崎砲台跡

 

明治31年(1898)12月に完成した陸軍佐世保要塞最初の砲台である。佐世保湾の内側に設けられていることが特徴で、佐世保湾入口に敷設した機械水雷(機雷)を除去しようとする敵艦の活動を妨害すること、また佐世保湾内に侵入した敵艦を至近距離から射撃し戦闘力を奪うことを任務とした。そのため小口径ながらも発射速度の速いシュナイダー・カネー社(フランス)製の斯加式9cm速射加農砲4門の他に機関砲陣地も整備された。日露戦争に備えて整備されたが実戦を経験することなく昭和9年(1934)に廃止された。

 

指定等の状況

未指定

交通

俵ヶ浦バス停下車徒歩25分

所在地

佐世保市俵ヶ浦町

見学

外観のみ見学可

 

日本遺産とは日本遺産構成文化財一覧へ日本遺産モデルルート

お問い合わせ

経済部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?