ここから本文です。

更新日:2023年5月24日

田島岳高射砲台弾薬庫跡

Select your favorite language.

日本遺産説明板(英語)

 

田島岳高射砲台弾薬庫跡

 

この建物は高角砲の弾薬を保管するための弾薬庫で、昭和13年(1938)頃に完成したと考えられている。弾薬は、時限信管付きの弾頭と発射用の火薬を詰めた薬莢(やっきょう)を組み合わせた「弾薬包」と呼ばれるもので、弾薬庫内に木製の棚を設けて立てた状態で保管されていた。この他に洞窟式の弾薬庫もあったが、現在では埋められている。灰色の煉瓦が用いられているがこれは鉱滓(こうさい)煉瓦という製鉄所の高炉で生じるスラグを材料とした煉瓦で明治40年(1907)頃に八幡製鉄所で開発された。通常の煉瓦より安価で耐久性に優れることから、特に九州地方で多用された。

 

指定等の状況

未指定

交通

弓張岳展望台バス停下車歩3分

所在地

佐世保市小野町(弓張公園砲台跡広場)

見学

外観のみ見学可

 

日本遺産とは日本遺産構成文化財一覧へ日本遺産モデルルート

 

お問い合わせ

経済部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?