ここから本文です。

更新日:2023年3月5日

相当水源地

海軍水道第5次拡張工事の一環として昭和19年(1944)に完成した重量式コンクリート形式の貯水池である。牟田川に建設され、堰堤の高さは34m、長さ150m、有効貯水量400,000tの規模があり、海軍が建設した最後の貯水池である。建設時、戦争による労働力不足により、捕虜であるアメリカ軍兵士250名が動員された。重労働や危険な突貫工事により53名が犠牲となった。戦後の昭和31年(1956)に相当貯水池建設によって亡くなった捕虜をはじめ、これまでの水道建設で犠牲となった人々の慰霊のため、貯水池の傍らに水道管をモチーフにした慰霊碑が佐世保市によって建立された。

相当水源地

構成資産情報

指定等の状況

未指定

所在地

佐世保市上柚木町

交通

佐世保駅より車で30分

見学

外観のみ遠望可

お問い合わせ

観光商工部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?